てきとーに行こうよ。バイクで!

Ninja250とテキトーに更新します。

タグ:CBR250R

ばくおん!!奥多摩イベ(飛びます)で、奥多摩湖からもう少し山梨側・・・というか、山梨県小菅村というところで「多摩源流祭」が開催されるというので、見に行ってみた!


奥多摩湖 大麦代駐車場からのルートがこれ

大きな地図で見る

続きを読む

ああ・・・ついにCBRとお別れの日・・・

めちゃ土砂降りの中、事故車も買い取ってくれる業者さんを呼び、CBRを持って帰ってもらいました


16451



査定の時少し不思議なことが有りまして

何かというと、元々事故の衝撃か何かが原因で、セルは回るがエンジンが掛からないという、事故車であり不動車になっていたCBR

査定の時、今まで頑張っても掛からなかったエンジンが、事故から2ヶ月ぶりに、大雨で寒い中だってのに掛かってくれたんです

CBR買い取ってくれた業者さんに聞くと、よくある話だそうです。でもFIは少なくてキャブ車のほうが起こる確率は多いそうです


バイクにも魂のような何かが宿り、売られると察知してか知らずか、昨日まで元気だったエンジンが査定当日には全く掛からないというような事が何度もあるそう


16452

この角度のCBRはホントイケメンだよね

しかもこの角度からだと、事故車でも何でもない車両に見えるなあ



外装でズレてるなと分かるのは右側だけ

16450

それでも、外装が大きく大破してるわけじゃないんだ

ただのフロントフォーク曲がりとフレーム破損・・・




事故当時の走行距離は3055km

少ねえなあ・・


16449


もっと色んなとこ行きたかった



納車当日に計画してたこと・・・それはヘルメットロックカスタム!

果たしてカスタムと呼べるのかどうかはわからないですが笑





CBR250Rでヘルメットロックといえば、これっぽい

キジマ(KIJIMA) ヘルメットロック(車種別) ブラック HONDAI:CBR250R(11Y)用 303-1523


恐らく一番簡単で、信頼できて、楽に取り付けできるヘルメットロックです

しかしヘルメットロックといえば、他にも種類はあります

例えばSUZUKIの激安スクーターチョイノリさんの純正ヘルメットロックとか・・・
(うわ・・・眩しい)

チョイノリロック安いのに万能で、ある程度太さのある棒などに取り付ける事が可能です

性能は無いよりはマシレベルだけど、いちいちリアシート持ち上げて引っ掛けるよりはマシだと思います



さてさて、こんだけ紹介する気満々なのに画像は2枚しかありません笑

ビフォーなんてわかりやすいものはなくて、アフターだけです


さて取り付け後の様子はこちら

s1


取り付け手順としては
①ホームセンターで買ってきたゴムシートを適当な長さに切る
②養生テープで固定する
③チョイノリ用メットホルダーでゴムシートを固定する



はい、完成です!

どう?簡単でしょう!

費用は1500円あれば足りると思う。ほとんどチョイノリロック代。





ヘルメットロック使用中はこんな感じ

s2


ちょっと見にくいですね・・・

固定式のヘルメットロックと違って、位置が気に入らなければ、ずらすことができます

写真の位置だと、雨天走行後に使用した時ヘルメットの中が若干濡れます

これを気にしなければ、特に問題ない・・・・かな



ちょいのりロックの良い点は、安くて便利、場所を選ばず使える

悪い点は、とにかく錆びやすい



使用期間は事故までとして、先代のYBRから使っていたので10ヶ月くらいですね

ネジが錆びるまでは怖くて何度か、締め直していましたが、ネジが錆びてしまえば、締め直すことはなくなりました笑


①の続き


初事故&初救急車&初骨折・・・と初めての体験続きでした

全部良い体験じゃないけど、若いうちに体験できてよかったと思う

お医者様にも言われたけど、若いと治りが早いらしい・・・

そんな若くないけどねww



さて全開は事故の内容を軽く紹介しました

ここからは保険屋との長い戦い編・・・


事故後、私は救急車で近くの病院に運ばれ、レントゲンなどを撮り、全部が終わったのは16時頃

落ち着いたのを見ていたのか分からないが、ちょうど私側の保険屋から電話が入る

この時点では、加害者側の保険屋、加害者から電話はない

金曜の16時が最初の連絡ということで、簡単な事故の状況を私側の保険屋に話して終わり

詳しい連絡は、週明けにとなった


週明け月曜日に、再度私側の保険屋からの連絡と、加害者側保険屋からの連絡があった

ここから長い戦いがあります

長期戦になってしまう理由は、私がレッカーを頼んだバイク屋にもあったりします

まあその辺は置いといて、簡単に時系列順に説明しますね

と言っても、事故から2ヶ月経ちますが全部終わっていません

人身については現在治療中で、物損はやっと今週に支払いがあり、終わりました




6/27
12:40 事故発生
13:20 病院へ搬送、バイクレッカー
14:20 警察から電話
15:40 ひと通りの治療等終わる
15:50 私側保険屋から電話

6/28
加害者の上司から電話(時間曖昧)
バイク屋から電話があり直す事もできるが、全損認定の可能性もあるとのこと

6/29
加害者と会い、謝罪を受ける

6/30
加害者側保険屋から電話があり、レッカー先のバイク屋にアジャスターを派遣するとのこと
私側保険屋から、過失割合は過去の事例から7:3(加害者:私)もしくは、8:2くらいになりそうだとのこと

7/XX
加害者保険屋から電話があり、アジャスターが状態を確認した結果、全損となったとのこと。
また別の日ではあるが、過失割合が9:1に決定。

7/XX
保険屋に全損見積もりを早くするように催促。
新車販売時の価格が知りたいとのことで、価格が分かる文書を送るように言われる。
私は持っていなかったので、バイク屋から保険屋に送ってもらうように頼んだ。

8/1
骨折部を固定していた、ギプスを外す。
お医者様から言われていたが、本当に曲がらない。500mlのペットボトルでさえ握れない。

8/XX
バイク屋に催促。

8/XX
バイク屋に催促(2回目)

8/18
保険屋から連絡。評価額27万の9割でどうかと。
CBR250Rは購入時、本体約33万の総額約40万で購入した。
一括ではなくローンで。せめて残ローン分は欲しかった。
納得行かないので、検討願うと伝える。

8/21
保険屋から連絡。評価額約31万の9割でどうかと。
実際はもう少し粘りたかったが、バイク屋のCBR保管は8月いっぱい。
Ninjaを譲ってくれる予定の友人も待たせているので、これで了承。

8/26
ローン返済が目的ということで、先に車体評価額が振り込まれる。

8/28
ローン返済完了


現在だとこんな流れですね
今後はCBR250Rを売却するのと、売却のためのレッカー代を保険屋に請求して物損は大方終了でしょう。
残るは人身で治療に専念するのみです






このページのトップヘ