前回は0日目~1日目 ②
こんぴらさん~奥社までを書いた

ここからは、こんぴらさん周辺+道後温泉を紹介しようと思う

DSC00677







こんぴらさんを観光し終え、概ね予想通りの時間が余った
時間で言うと約1時間だ
琴平到着が13時頃で、琴平出発が16時頃なので、こんぴらさん奥社まで観光したと考えればハイペースな方だろう



さて、行きは通らなかった参道で買い食いでもしよっか....
DSC00631
揚げまんじゅう
冷えていたが、美味しかった
しかし予想以上に包装紙が薄く、手が油まみれになった
また値段もそこそこなので、揚げたてじゃない限りリピは無いだろう...

DSC00642
和三盆ソフト
和三盆と芋のミックスを食べた
優しい美味しさ

DSC00653
雰囲気好き

DSC00656
地元の方に教えていただいた「うどん屋」へ向かう

DSC00657
こんぴらうどん
こんぴらさんの参道近く、5分も掛からないはず
工場直営のようで、観光客向けじゃないうどんを食べることができる

DSC00660
左から、しょうゆうどん、アジフライ、かけうどん
これだけ食べても500円でお釣りがくる

DSC00663
ごちそうさまでした

DSC00687
お腹いっぱいになったし、時間も程よくなったためJR琴平駅へと戻る

DSC00697
本日は松山まで向かうため、琴平から多度津までサンポート高松を利用する
列車はすでに待機してた

DSC00704
観音寺駅
待機時間が長かったため、散策
観音寺へ行こうかと思ったが、少し遠いため断念

DSC00718
今回の装備

DSC00720
やっと松山の文字が見えた!

DSC00731
松山駅到着!

DSC00749
松山駅から道後温泉駅までは路面電車を利用する

DSC00757
道後温泉駅到着!
本日の宿のチェックイン時刻が迫るため足早に向かう



2日目
DSC00813
時間は進み2日目早朝

本日お世話になった「どうごや」さん
ドミトリー式の宿だが、施設がキレイに纏まっており純和風な雰囲気を醸し出す

基本料金に無料朝食が付いているパックだった
また温泉街なので、プラス100円くらいでレンタル浴衣を借りる
温泉街を楽しむためには浴衣必須だと思う

DSC00809
時刻は6時過ぎ
これから道後温泉本館で朝風呂を楽しむ

DSC00819
宿から道後温泉本館は徒歩5分~10分ほど
程よい運動だが、浴衣のためかなり寒い

DSC00826
道後温泉本館

おぉ...圧倒される造り
外観だけで満足だよもう...


さて一度このへんで終わろうと思う
次は、道後温泉&宇和島編





←コチラ押していただけると嬉しくて跳ねます!